CSS

2021.05.19

【CSS】英単語の間隔を調整できるword-spacing

今回は、Webサイトで英文を記載するときに役立つword-spacingについてご紹介します。

word-spacingとは

word-spacingは、単語の間隔を調整するプロパティです。
▼参考
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/CSS/word-spacing

設定例

以下のようにword-spacingで単語と単語の間を指定することができました!

See the Pen word-spacing by spiqa design (@spiqa_design) on CodePen.

(失敗例)letter-spacingを設定

日本語の文章で文字間を調整する際、letter-spacingをよく使用しますね。
同じように、英語の文章にletter-spacingを設定すると以下のようになります。

See the Pen letter-spacing by spiqa design (@spiqa_design) on CodePen.

英語の場合は、単語と単語の間に間隔があると読みやすくなりますが、letter-spacingを指定すると1文字1文字の間隔が空いてしまい、読みにくくなってしまいました…。

(参考)日本語には設定できない

ちなみに、word-spacingを日本語の文章に指定しても見た目は何も変わりません。

See the Pen word-spacing by spiqa design (@spiqa_design) on CodePen.

日本語は、単語と単語の区切りで間隔が空くよりも、文字と文字の間が適度に離れていた方が読みやすいので、letter-spacingを設定するのが良さそうです。(上記の例は、わかりやすくするために少し大きめの値を設定しています。)

まとめ

いかがだったでしょうか。
言語に応じて、Webサイト上の文章が読みやすいように適切なコーディングができるようにしていきたいですね!みなさまの参考になれば幸いです!

こちらもおすすめ

関連記事

  • 2021.11.12

    【コピペOK】JavaScriptとCSSでタイピングアニメーションを実装

    CSS

    JavaScript

  • 2021.11.02

    CSSのcursor:pointerが効かない時にまず確認したい3つのこと

    CSS

  • 2021.10.01

    【コピペで簡単!】CSSのみで作るシンプルなセレクトボックス(矢印の消し方や枠のサイズ変更方法も解説)

    CSS

おすすめ記事

  • 2021.05.24

    初心者でもすぐに使えるjQueryが満載なおすすめ本【書評】

    JavaScript

  • 2021.08.24

    現場で使える!WordPressおすすめ書籍(書評)

    WordPress

  • 2021.05.11

    【おすすめ書籍】この本でゼロからWebサイト制作を学びました

    CSS

    HTML5

WPサービス

×