その他

2024.02.19

ロゴもレスポンシブする時代

こんにちは。デザイナーのHandaです。
X(旧:Twitter)のタイムラインを眺めていたらこんな記事が目に入りました。

https://blog.btrax.com/jp/responsive-logos/

デジタルデバイスの多様化から、WEBサイトだけでなくブランドロゴもレスポンシブ化する動きが進んでいるようです!

今まではレイアウトの違いや色の反転、ロゴタイプとロゴシンボルの扱いなど、利用用途に合わせて複数のバリエーションを用意することが一般的でした。
しかしレスポンシブロゴの基本としては、単純にサイズの異なるバリエーションを用意するのではなく、サイズに合わせてロゴを構成する要素を変化させます。
通常、ロゴを変えることはNGとされていますが、むしろ積極的に「異なる要素を含むバリエーションを準備しておこう」という考え方です。

スピカデザインのロゴもレスポンシブしてみる

スピカデザインのロゴを、レスポンシブ展開してみました!

レスポンシブロゴは、「パソコン」「タブレット」「スマートフォン」「アイコン」を想定して最低でも4つのバリエーションを用意しておくと良いとのこと。
「SPIQA」の「I」の部分で使われているニコちゃんは縮小すると潰れてしまうほど細かいので、アイコン用の一番小さなサイズでは色面積を調整しています。

最後に

今までロゴをデザインした際は、なんとなくでバリエーションを作ることが多くありました。
しかし近年のデジタルデバイスの多様化を考え、バリエーションの展開は「レスポンシブ」という意識で作っていこうと思います!

この記事をシェアする

関連記事

  • 2024.03.22

    Webデザインにおけるアニメーションについて考えてみた〜実例編〜

    その他

  • 2024.03.12

    Webデザインにおけるアニメーションについて考えてみた〜メリット・デメリット編〜

    その他

  • 2024.02.02

    Webデザインにおけるアニメーションについて考えてみた〜目的編〜

    デザイン

    その他

おすすめ記事

  • 2022.04.22

    【動画編集ソフト】アフターエフェクトとプレミアプロってなにが違うの?違いと使い分けを解説!

    制作

    動画

  • 2022.04.12

    Chromeで画像やテキストがぼやけるときの対処法

    コーディング

    制作

  • 好きなフォントは?現役WEBデザイナーに聞いてみた!

    2022.06.01

    デザイナーなら好きなフォントの1つや2つあるでしょ?現役WEBデザイナーに好きなフォント聞いてみた!

    デザイン

    制作

×