CSS

2021.10.20

【css】iPhoneX以降の機種のセーフエリア対策

ホームボタンとホームインジケーター

2017年に発売したiPhoneX以降はホームボタンがなくなり、画面内にホームバー(ホームインジケーター)が搭載されています。

今年の10月に発売したiPhone12ももちろん、ホームボタンではなくホームバーがついているのですが、WEBサイト制作ではこのホームバーの対策が必要な場合があります。

LPなどでよく使われますが、画面の下にボタンを固定することがあると思います。

このように画面の下にコンバージョンボタンなどを設置するとホームバーに被ってしまいます。
ホームバー近くにスクロールできない要素を入れないのが一番ではありますが、どうしても画面下に固定したい!という方のために今回はcssの記述だけで済む対策をお伝えします!

セーフエリア

ホームバーが導入されたことで、セーフエリアという対応もされました。

ユーザーにとって読む必要があったり、クリックしたりする必要のあるコンテンツはこのセーフエリア内に収める必要があります。
このセーフエリアをhtmlとcssで制御します。

ステップ1 metaタグでセーフエリアを認識させる

iOS11から対応した”viewport-fit”という画面を挙動をコントロールできるmetaタグを使います。
このタグでユーザーのデバイスがiPhoneX以降の時にはセーフエリアがあるので対応するように指示します。

<meta name="viewport" content="initial-scale=1,viewport-fit-cover">

※viewportをすでに記述しているときは、initial-scale=1,viewport-fit-coverをcontent=””のなかに追加してください。

ステップ2 cssで底上げする

セーフエリアまでの距離を取得するためにenv()という関数を使います。
対応するコンテンツのセレクタにpadding-bottomでセーフエリアまでの距離を指定します。
CSSに下記のように記述を追加するだけでOKです。

#hogehoge{
padding-bottom: env(safe-area-inset-bottom);
}

これで自動的にセーフエリアまでのpadding-bottomが追加されます。
今回でいうと固定ボタンのピンク背景部分が底上げされます。

いかがでしたでしょうか。
細かい部分ではありますが、画面下に固定のコンテンツをいれる場合は必須の記述です。

是非ご活用ください!

関連記事はこちら

この記事をシェアする

関連記事

  • 2023.12.29

    記事タイトルを行数で制御するCSS

    CSS

    コーディング

  • 2023.12.28

    色違いは必要ない!アイコンはcssで色を変えよう!

    CSS

    コーディング

  • 2023.11.14

    コーダー同士の情報のやり取りで効率がアップした話

    CSS

    コーディング

おすすめ記事

  • 2022.04.22

    【動画編集ソフト】アフターエフェクトとプレミアプロってなにが違うの?違いと使い分けを解説!

    制作

    動画

  • 好きなフォントは?現役WEBデザイナーに聞いてみた!

    2022.06.01

    デザイナーなら好きなフォントの1つや2つあるでしょ?現役WEBデザイナーに好きなフォント聞いてみた!

    デザイン

    制作

  • 2022.04.28

    【カメラ初心者向け】物撮りが上手くなるコツ ~食べ物編~

    その他

    制作

×