その他

2022.08.04

【Photoshop】消点(Vanishing Point)を使ってモックアップを作成する方法

こんにちは!デザイナーのH.Abeです。

今回はPhotoshopの消点(Vanishing Point)機能を使って、モックアップを作成する方法をご紹介いたします!

慣れるとぱぱっと作ることができるので作業時間の短縮化ができます◎

「モックアップ」とは?

「モックアップ」という言葉について調べてみると、以下のように記述されていました。

モックアップとは、工業製品の設計・デザイン段階で試作される、外見を実物そっくりに似せて作られた実物大の模型のこと。ソフトウェアやWebサイト、印刷物などのデザインを確認するための試作品のこともこのように呼ばれることがある。

引用:https://onl.bz/PsekQWp

つまり、ロゴやポスターなどを作成した際に、モックアップも併せて作成すると使用イメージが掴みやすくなります!

今回は手書き風のイラストを段ボール箱にはめこんでみましょう!

01.用意するもの

・はめ込みたい画像(ロゴやポスター、イラストなど)

・はめ込む対象(箱や掲示板など)

はめ込みたい画像

はめ込む対象

02.はめ込みたい画像を開き、コピーする

まずは、はめ込みたい画像を開き、「⌘(Ctrl)+ A」ですべてを選択し、「⌘(Ctrl) + C」でコピーをします。

03.新規レイヤーを追加し、消点(Vanishing Point)を選択する

次にはめ込む対象を開き、レイヤーを追加します。

追加した空のレイヤーを選択した状態で、メニューバーからフィルター>消点(Vanishing Point)を選択します。

04.はめ込むサイズを選択する

消点(Vanishing Point)を選択すると別画面で立ち上がります。

「面作成ツール」ではめ込みたい画像の四隅を選択します。

05.はめ込みたい画像を貼り付け→ドラッグ+ドロップ

先ほどコピーしたはめ込み画像を「⌘(Ctrl)+ V」で貼り付けます。

貼り付けた画像を「面生成ツール」で設定した範囲内にドラッグ+ドロップすると、設定した消点(Vanishing Point)に従って自動的にパースが作られます。

⌘(Ctrl) + T」でバウンディングボックスを表示することができるので、対象に合わせて拡大縮小することができます。

「OK」をクリックすると先ほど作成した新規レイヤーに保存されます。

修正したい場合はこのレイヤーを調整することで簡単にできます。

もう一面も同様に操作して、レイヤーモードを調整して完成です!

(ちなみに今回はレイヤーモードを乗算100%にして調整しました)

まとめ

いかがでしたか?

消点(Vanishing Point)機能を使うと他にもこのようなものを作成できます!

デザインのプレゼン資料などに加えてみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事

  • 2024.03.22

    Webデザインにおけるアニメーションについて考えてみた〜実例編〜

    その他

  • 2024.03.12

    Webデザインにおけるアニメーションについて考えてみた〜メリット・デメリット編〜

    その他

  • 2023.12.30

    案件を切り替える拡張機能「Project Manager」が便利!

    その他

おすすめ記事

  • 2021.12.28

    Googleカレンダー埋め込みのカスタマイズ方法(Simple Calendar)

    その他

  • 2021.11.26

    WEB担当者になったらまず読んで欲しいおすすめ書籍

    その他

  • 2021.07.08

    【サイトレビュー#47】デザイナーらしいこだわりが満載のデザイナー紹介サイト

    その他

TAG

×